『国葬』観る

8時過ぎに目が覚めたが、10時過ぎまでうだうだ寝ていた。
起きてミルクを飲み、コーヒーを飲み、ショートブレッドを食べた。

1時から渋谷で映画を見る予定だったが、早めに出かければホープ軒で昼飯が食えると思い、11時半に家を出た。自転車で12時に千駄ヶ谷着。
ホープ軒は混んでいたが、一人客だったのですぐに1階のカウンターに案内してもらった。複数名の客は歩道に並んで待っていた。
いつも通りラーメンにネギをたっぷり乗せたやつを食べた。店員はキビキビと客を案内しており、ラーメンが出てくるのも早かった。昔に比べて店員の質が高くなっている。

キラー通りを246に出る。マックの前を通る時、既視感があった。少し前にここで食べたことがある。しかし、いつだったのか思い出せなかった。

金王坂の駐輪スペースへ。そこから徒歩でシアター・イメージフォーラムへ。

1時から『国葬』見る。スターリンの葬儀を撮影した膨大なフィルムから構成されたドキュメンタリー。ナレーションはなく、人々の姿を映した映像がただただ流れる構成だった。人々は、自分の意思で弔意を表していた。追悼式が終わり、軍の号砲、汽車と船舶の汽笛が、国中で一斉に鳴らされる場面が圧巻だった。

帰り道、松濤から山手通りに出て、富ヶ谷から駒場の北側を通って中野通りに至るルートを走ると、30分とかからず方南町に着いた。

島忠ホームズで自転車用のチェーンオイルを買い、5時前帰宅。

夕食に、ソーセージとザワークラウト食べる。

来年4月のマラソンエントリーと宿の手配をする。

Oracle関連の書籍を注文した。勉強する時間を工面できるか、そして、三日坊主に終わらないかが危惧される。

12時半過ぎ就寝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました