美味しい言葉をありがとう

7時起き。ソーセージと目玉焼き食べる。

7時半、実家を出る。地下鉄で現場へ。電車は混んでいた。

新業務、本日スタートとのことだったが、スタートしたから即売上情報が得られるわけではないので、実際にツールを運用するのはもう少し先になると思われた。
で、のんびりと構えつつ、仕様変更への対応をした。
午後も同様。

夕方、東中野の図書館に寄り予約した本を借りようとしたが休館日だった。
杉並の図書館にも予約した本が届いたので、和田の受け取りサービスに寄った。結構ボリュームがあった。東中野も受け取っていたらリュックに入りきらなかったかもしれない。

夕食にホットドッグを作って食べる。

借りてきた本のうち一冊を少し読む。唐十郎『秘密の花園』
これは1982年に本多劇場のこけら落とし公演として上演された作品だが、のちに唐組としても上演されている。1998年に見に行った。その時に出版されたのが本書だ。

1982年の舞台は映像化されており、若い頃そのビデオをおれは持っていたのだが、VHSからDVDにコピーしていた2000年代中ごろ、あるいは引っ越しのどさくさによってどこかになくしてしまった。ひょっとすると家の天袋にある段ボールにしまってあるのかもしれないが、テープ類はほとんど捨てたので確証はない。
その映像はたしかNHKの番組で、唐さんと扇田昭彦さんが番組冒頭でトークをしていた。

唐さんは土方巽とのエピソードを話した。
「味噌汁の中になにがいる?」と土方さん。
「味噌汁は味噌汁でしょ」と麿赤兒。
「ばかもん!」と土方さん。
「虎がいます!」と唐さん。
すると土方さんが「えらい!」

この部分で当時大笑いした。たまんねえなあと思った。イマジネーションもさることながら、屈託のなさと明るさと無邪気さがカッコよかった。

意味をわかろうとしながらこの戯曲を読むと、こうした問答に参加しないのと同じことになる。
だから声に出して読んだ。それが一番正しい読み方だ。喉と舌が、美味しい言葉をありがとうと嬉しがり、脳みそは、味噌汁の中にあるものを探しはじめる。

タイトルとURLをコピーしました