17度でも寒かった

4時。目覚ましタイマーで起きたが、眠かった。あと寒かった。
気温を調べる。4度だった。5時半頃から明るくなるはずだが、その時間帯はもっと寒くなっている。予報では3度だった。釣りは無理だと思った。

寝直して7時に起きた。
朝飯に、ご飯、納豆、ソーセージ、目玉焼きを食べた。

編みくるみの練習をする。表は分かったが、裏の時がややこしかった。また、やっていると糸のねじれがひどくなってしまう。

昼、アコレへ。パン、エリンギ、しいたけ、小松菜、コーヒーを買った。

先週漬け込んだ牡蠣のオイル漬けと、買ってきたパンを昼飯に食べた。牡蠣は、から煎りする時にしっかりと水分を抜ききらなかったので、ややべちゃっとしていた。

1時過ぎ、中川堤防へシーバス釣りに行く。
アングラーは一人もいなかった。潮は満潮で流れが止まり、これから下げ始めるという感じだった。
冬だし昼だし、魚は底の方にしかいないだろうと判断し、バイブレーションやジグヘッドなどしか持ってこなかった。そられを順番に投げ、基本的に底の方をゆっくり引いた。草や貝殻が高確率でフックに引っかかってきた。しかし意外なことに根掛かりは一度もなかった。

昼は気温が17度まで上がるという予報だったが、中川堤防は北風が強く吹いていて寒かった。寒さより、ルアーを投げると糸が風で流されてやりにくかった。

あたりはなく、ベイトはおらず、ボイルは一回もなかった。そんなものだろうと思った。

3時過ぎに納竿。

オーケーストアに寄り、陳建一の冷凍焼売と、ミックスナッツを買った。

4時帰宅。

夕方、インスタント麺を使って椎茸そばを作った。母、やたらに美味しい美味しいと言って完食していた。とろみをつけたラーメンが好きらしい。

7時過ぎ、実家を出る。

中野から自転車で帰宅。

シーナ&ロケッツの動画をYoutubeではしごする。鮎川誠と対談する人は、鮎川さんの人柄の良さに対して畏怖に近い打たれ方をするようだ。
以前に見たことがあるが、武田鉄矢と一緒に地元の久留米を歩く番組が面白かった。序盤は緊張していた武田鉄矢が、みるみるうちに打ち解けていき、後半はなんだかいい人になっているのが大変おかしい。

タイトルとURLをコピーしました