路線バスで稚内へ

朝5時半起き。部屋の電気ポットでお湯を沸かし、朝飯にやきそば弁当を食べた。やきそば自体は普通のインスタントやきそばだが、茹でこぼしの湯で作るスープが妙においしかった。

紋別バスターミナルへ。今日は路線バスを乗り継いで稚内に行く予定だった。路線バスは事前に時刻表を調べるのが大変だ。

6時59分の雄武高校行きに乗った。

バスはオホーツク海に沿って北西に走る。

8時16分に雄武バスターミナル到着。次のバスが来るまで24分待ちになったので、ターミナル周囲や、展望台で写真を撮った。

雄武で生まれ育った人が描いた大きなイラストがターミナルビルの中に飾られていた。戦前生まれの人で、戦争中の暮らしが細かく描かれていた。

8時40分の枝幸行きに乗る。

途中で雪が降ってきた。雄武では温かく、この分だとバスの待ち時間の散策が楽だなと思っていたのだが、あてがはずれた。

昨日も思ったが、バスのスピードは雪が降り始めても変わることなく速かった。このあたりは1989年まで鉄道が走っており、バスは代替交通手段なのだった。

9時50分に枝幸ターミナル到着。次のバスは浜頓別行きで、発車は9時55分だった。ネットで調べた時は乗り換え時間の短さに不安を覚えたが、降りた場所でそのまま待っていればいいので楽だった。

浜頓別行きに乗ってしばらくすると雪は降り止み、再び好天となった。

紋別を出てしばらくの間は、海の沖に浮かんだ流氷が白い線のように見えていた。しかし、枝幸を過ぎてからは見えなくなった。

10時40分に浜頓別到着。次のバスまでは2時間以上待つことになるので、この町で昼飯を食べることにした。

中華レストランへ。妙にきれいなお店で、注文はタッチパネル方式だった。中華丼を食べた。

店を出て、町に一軒だけあるスーパーへ。特に珍しいものはなかったので、ペットボトルのコーヒーだけ買った。

ターミナルに戻り、道の駅のパン屋でチーズケーキとエビカツバーガーを買った。

バスの発車時刻までまだ1時間と少しあったので、ターミナルの西側にあるクッチャロ湖を見に行って見ることにした。そこでコーヒーを飲んでチーズケーキを食べるのは、悪くないような気がした。

緩い上り坂になった歩道を湖に向かって歩く。地図で見るとすぐ近くのように感じられたが、歩くとけっこうかかった。

坂を登りきったあたりで、雪が降り始めた。ターミナルを出た時はいい天気だったのに、あっという間に急変した。

林の向こう側が湖で、鳥の鳴き声が聞こえてきた。道を迂回しなくてはならず、迷ったが、まだ12分ほどしか歩いてなかったので、戻るには十分余裕はあった。

道を迂回すると、湖岸に降りる下り坂があった。歩道は雪が膝上くらいまで積もっていたので、車道の端を歩いた。

雪がけっこう激しくなってきた。フードをかぶり、足元に気をつけながら坂道を下ると、目の前に『クッチャロ湖』と書かれた立て札が見えてきた。

湖は凍りつき、その上に雪が積もったため、こちらがわと見分けがつかなかった。左奥に、白鳥の群れと、その向こうに、黒くてよくわからなかったが別の鳥の群れがいた。

白鳥の群れを見て、とりあえず心の中で「よし、見た!」とフラグが立った。来た道を戻る。フードをしていると視界が悪くなり、先ほど迂回の時に曲がった道を、うっかりまっすぐ進みそうになった。

ターミナルに戻り、上着を脱ぎ、リュックをおろし、ひと息ついた。しかし、雪に降られた割に、指先は寒さを感じなかった。

12時59分発の稚内駅バスターミナル行きに乗る。本日最後の路線バスで、最終目的地まで一気に行く。

バスは、オホーツク沿岸部だけでなく、集落があると国道から脇道にそれて、集落を回った。乗ってくる乗客はいなかった。

稚内が近づいてくると、流氷が見られなくなった。

宗谷岬の手前で、かなり長い無人区間があった。集落がまったくない。

そこを過ぎると急に家の数が増えてきた。すぐ先が宗谷岬だった。

宗谷岬の停留所からは、大勢の乗客が乗ってきた。バスはあっという間に満席になった。

宗谷岬を過ぎると、海岸にふたたび流氷が見られるようになった。ただし、今度のは完全に接岸しているものだった。

砕氷船が運行されていないので、流氷の面積は大きかった。しかし、網走で見たものより、薄いように見えた。

15時44分、バスは稚内駅のバスターミナルに到着した。外は寒かった。そして、雪が舞っていた。

稚内の道は、網走や浜頓別に比べると、よく滑った。まんべんなく踏みしめられ、つるつるになっているような気がした。

散策して写真を撮ろうと思っていたのだが、寒いのと、足元が滑るのとで諦め、とりあえずホテルにチェックインした。

5時過ぎまで、夕食をどこでとるかを考えた。

選択肢は二つあった。ホテルの近くに良さげな居酒屋があり、そこでご飯ものを食べた後、いっぱいやるコース。もう一つは、同じくホテル近くのデカ盛り系洋食屋で名物のポークソテーを食べ、飲みはホテルでちびちびやるコース。

居酒屋は海産物などの肴がありそうだったが、一日中路線バスに乗り続けた疲労感がけっこうしんどかったので、洋食屋へ行くことにした。

17時回転の洋食屋へ、17時20分頃に行った。カウンターに座り、ポークソテーとライスを頼む。

少し後に入ってきたお客さんも、ポークソテーを注文していたが、お店の奥さんに「終わっちゃったんです」と言われていた。オレが最後だったようだ。

ポークソテーは分厚かった。ライスも2合近くあった。その取り合わせを見て、上井草の『アストラーザ』を思い出した。

今日の店は、肉はアストラーザ並の量は確かにあった。ソースがデミグラスというところが違っていた。ライスは普通盛りにしたのだが、アストラーザに換算すると何盛りくらいになるかはわからなかった。

とにかく、アストラーザでライス特盛りを完食した過去を持つ人間が、残して許される量ではなかった。いや、もちろん、ちゃんとおいしかったのだが。

ホテルに戻り、さて、温泉は何時頃入りにいくかな、と考えてえてると、無性に眠くなってきた。とりあえず仮眠をとり、9時とか10時くらいに入りにいくかな、と思い、ベッドに横になった。

タイトルとURLをコピーしました