阿修羅飲み

 吉祥寺にて稽古。

 ここの稽古場は、成蹊大学の近くにあり、退館時間は8時50分と早い。
 だからといって、かつかつの稽古をするかというと、そうではなく、今日も馬鹿なことばかりして過ごしてしまった。

 稽古後、制作の前田さんから電話。
 「チケットをお渡ししたいのです」
 可憐な声で、彼女は言った。
 我々は、稽古後の阿修羅飲みに向かう途中だったので、とりあえず皆には先に店の方に行ってもらい、俺一人で駅前に行き、前田さんと会うことにした。

 前田さんと会い、しばし話し、阿修羅飲みに誘う。
 「小1時間だけでしたら」
 と、彼女。

 店に戻り、制作さんを交えての乾杯をする。
 とりあえず、若い若い若い彼女の顔見せになったので、ほっとする。

 その後、名簿の件で望月も合流。

 健ちゃんはバイトのため、山ちゃんは体調のため、松井さんと家城君は終電のため、先に帰ってしまった。
 残ったのは、望月、飯野、智保ちゃん。

 劇団漠の昔話をする。
 智保ちゃんは、わけがわからない様子だったが、望月、飯野、そして俺とくれば、漠の話は避けられないのだ。

 12時過ぎに店を出る。
 ほろ酔い気分で帰宅したら、電話が止まっていたので、すぐにコンビニで支払う。

タイトルとURLをコピーしました