舞台が湾曲

 本番二日目。
 11時に劇場入りだったので、その前に劇団プロジェクト・ジョカの今井さんに電話をし、観に来てもらえる日を確認する。

 松屋でカレーを食い、小屋入り。
 東さんは昨夜、劇場で一泊したらしく、声をがらがらにしていた。
 「金さんは梁山泊で毎日こういうことやっていたんだな」
 と、感慨をもらしていた。

 昨日とは違い、雨が降っていなかったので、客入れ諸作業は楽だったが、昨日よりも確実に気温が下がっており、おまけに風も強かった。

 受付の山ちゃんが到着。
 例によってプラス思考バリバリの挨拶をかましてきた。
 めぐみさんが思わず、「明るすぎる」とたしなめたくらいだ。
 
 マチネのクライマックスにて、装置のトラブル。
 伊原さん曰く、「舞台が湾曲した」とのこと。

 友人の清水夫妻と菊池君来場。
 ウィスキーと泡盛を差し入れてくれる。

 それから、大学の先輩である村上晴彦さんが来ていた。
 会うのは5年ぶりくらいだったが、様子が昔とちっとも変わってなかった。

 顔にはドーランで汚しを入れ、髪の毛はジェルで固めているので、マチネとソワレの間の空き時間は劇場で息をひそめている。
 こういう時間は結構好きだ。
 「まどろみ」の純粋な形だと思いながら、まどろまないように気をつけている。

 夜は気温がさらに下がり、外のお客様誘導などはつま先まで冷たくなった。

 わっちゃんが観に来た。

 9時に劇場を後にし、寒風吹きすさぶ中、小金井へ。

タイトルとURLをコピーしました