装置塗りやらなにやらかにやら

 時計を持たない生活を続けている者にとって、携帯電話やPHSの示す時間はとても貴重である。
 そんな何気ない1月7日、俺のPHSの時計が止まってしまった。
 0時0分をさしたままなのだ。
 どういうことだ?

 どういうわけか表示機能だけが止まってしまったらしく、内部では律儀なリズムを刻んでいるようなのだ。
 その証拠に日付だけはきちんと変わっている。

 1分1秒をも無駄にできないこの世知辛い現代社会で、時刻を知るすべを失った俺はまさしく放浪者だ。
 自分時間の谷間に挟まったまま、うつろな目をして放浪するしかない。

 そんな朝、ノブくんからのメールで起きた。
 ペンキ塗りとパネル運びその他の作業があったのに、思い切り寝坊したのである。
 「すぐ行きます」
 とメールをし、D2へ。

 昼過ぎからペンキ塗りを始める。
 家城くんが手伝ってくれた。

 夕方、音響の作業をするためにいったん家に戻る。
 途中、商店街にて久保田くんと会う。
 「ズブロッカを買いました!」
 と力強くのたまい、彼は稽古場へと向かっていった。

 音響作業と台本コピーをしてから南中野へ。
 音響オペをやってくれる鈴木さんが見に来た。
 簡単な説明だけしてから、いきなり通し稽古。
 「虻一万匹」と「ロミオとジュリエットみたいな」

 「虻」の通しはたぶん4回目くらいだが、テンポ的には一番良かった。
 ただ、この芝居は細部にこだわると際限がないのだ。
 ほどほどのレベル設定に苦労する。
 「ロミオ」はやはり中盤が面白い。
 リラックスして楽しめる芝居だ。

 稽古後、電話でオギノ君と打ち合わせ。
 11時半帰宅。
 そして音響作業の続きをやる。
 主に選曲。
 さて、明日は来るか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました