2ヶ月半続いた稽古も最終日

 明日は来た。そして今日になった。

 朝の11時にペンキ塗り作業をする。
 昨日に引き続き家城君が手伝ってくれる。
 残った作業は少なく、1時間と少しで終了した。

 うちに帰ってから音響作業をする。
 歯医者の音を作る。
 それから、携帯の着メロ研究。

 3時過ぎにノブ君と宇原君が荷物の引き取りに来た。
 制作用具その他を渡す。
 引き続き5時まで音響作業。

 6時からは中野弥生町で稽古。
 なんと本日が最終稽古。
 昨年の10月21日から始まった長い稽古も今日でおしまい。
 音響オペの鈴木さん、舞監のノブ君とオギノ君、照明の中山君、かわずおとしの小田切さんが来た。

 「ハコブネ」通し。
 前回の通しに比べると、前半がやや弱かった。そして後半が良かった。
 だが、まだまだ本当の良さは出ていない。

 稽古後、オギノ君から明日の仕込みについて説明があった。
 確認してから撤収する。

 帰りにTSUTAYAでCDを借りる。まだ足りない音がいくつかあるのだ。
 11時50分、実家帰宅。
 風呂に入ってから、中山君に借りたパソコンを使っての音響作業を始める。
 徹夜か?
 明日は来るのか?

タイトルとURLをコピーしました