千秋楽打ち上げ大遅刻

 千秋楽。
 10時に集合し、ロビーにて昨日のダメ出しなど。

 「虻一万匹」前、楽屋で出を待っていたのだが、全身に力が入らず困ってしまった。

 「虻一万匹」は大谷さんにビデオ撮影をしてもらった。
 「ハコブネ」と「ロミオとジュリエットみたいな」は俺がやることに。
 しかし、ギャラリーから三脚なしの状態で撮影するのはきつかった。
 途中で腕が震えた。

 最後の「ハコブネ」が終了後、舞台監督オギノ君の指示のもとでバラシをする。
 音響ブースの片づけを済ませてから照明の手伝いをする。

 1時間半ほどでバラシは大体終わった。
 その後、王子小劇場の事務所にて、3月に行う王子小劇場プロデュース公演の話し合いを少し。

 11時過ぎに劇場を出る。
 打ち上げ会場は新宿だった。

 「王子から新宿までどのルートが早いか競争しようぜ」
 開放感からかそんなことを言ってみた。
 宇原君と久保田君が秋葉原から中央線コース。
 俺と中山君が赤羽から埼京線コース。
 他の面々は田端から山手線コースを辿ることに。

 11時36分に赤羽方面行きの京浜東北線が来た。
 赤羽には40分頃着いた。
 「楽勝ムードか?」
 そう思って乗り換えをしていると、他の乗客達が埼京線ホームに向かって走っていた。
 中山君と二人でそのムードに流されるまま走り、まさに出発せんばかりだった電車に飛び乗った。
 そして電車は新宿とは逆方向へと発車した。 

 次の駅は北赤羽だった。
 そして、池袋行きの電車は20分以上待たないと来ないということが判明した。
 この時点で赤羽チームの勝利はなくなった。
 「なんてザマですか!」
 と中山君が、誰もいないホームに向かって吠えた。

 20分以上のロスタイムを過ごし、打ち上げ会場へ。
 宇原君からは、
 「ビリなので、早く来て下さい」
 との屈辱メールが届いた。
 穴があったら入りたい思いで会場へ。
 「イヤだなあ。針のむしろだぜ」
 そう言うと中山君は、
 「僕はこういう展開慣れてますからね。もう、こんなの、おいしいネタですよ」
 と言っていた。

 打ち上げ会場に着くと一斉にブーイング。
 「ごめんなさい」
 と誤り、乾杯。

 2次会はカラオケへなだれ込み、中山君、宇原君、オギノ君に加え、「夏の子プロ」出演の山本君のアニメソング攻撃が場を狂騒的なものにしていた。
 朝の5時まで。

タイトルとURLをコピーしました