『天国と地獄』見る

 黒澤明『天国と地獄』観る。
 全部観たのは4年ぶりくらいか?
 舞台劇のように延々と続く権藤邸のシーン。
 特急こだま号の身代金受け渡しを経て、わずかな手がかりから一歩一歩犯人を追いつめる後半シーン。
 前半と後半で、別の映画のように演出が変わり、2時間以上飽きさせない。
 こういう映画を観ると、面白さとは結局飽きさせないことなのだなあと思う。

 例によってうまい役者がぞろぞろ出ている。
 入念に行われたリハーサルのため、演技は自然きわまりない。
 秘書・河西を演じる三橋達也が、地味に渋い。
 三船敏郎に、
 「河西、ハイヤーで行け」
 と言われてぼそりと返事をするのだけど、それだけで重役と秘書の日頃の感じがうかがえてしまう。
 あのぼそりとした感じはなかなかできないと思う。

 個性的な役者がちょろっと出ては、を披露する感がある。
 職人気質が服を着ているようなたたずまいを見せる東野英治郎や、煤まみれでぼやきまくる藤原釜足が出てくると、思わずにやりとしたくなる。
 債権者の一人に山茶花究がいるのだけど、昔ビデオで借りて見た時は画像が荒くて誰だかわからなかった。
 今日気づいた。
 滑舌がいい。
 
 集中して見たためか、重々しいラストシーンの余韻を引きずったまま2時間くらいぼーっとしてしまった。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました