猛暑日はどこまで続く

猛暑日は手加減なしに続く。
シャツクールスプレーというものを買ってみた。
シャツの上からスプレーすれば冷感が得られるというものだ。
朝仕事に出かける前に使ってみた。
冷たいというよりヒリヒリした。
しかも服は脱ぎようがないため、ヒリヒリ感からも逃げられない。
意地悪な継母から、全身にエアーサロンパスをかけるいじめを受けているみたいだった。

夕方まで幻想シーンでつなぐ。
「許してママ!もうしないよ!」
と泣き叫ぶ少年の声。
ヒステリックに叫ぶ継母の声。
エアーサロンパスのシューッという音。
「冷たいよ!」
と少年の悲鳴が被さる。
少年の視点から見上げた継母のショット。
鬼の形相。
エアーサロンパスが霧のように継母の顔を覆っていく。
「やめてよ、やめてよ」
の少年の声が重なり、画面は暗くなっていく。

はっ、夢だったのかと我に帰ると、驚くなかれもう夕方。
シャツクールスプレーは失敗だったなあと思いながら帰宅。

7時過ぎ、荻窪のロイヤルホストへ。
旧知の人間から相談を受ける。
色々胸につかえていたものがありそうだったので、話したいだけ話してもらい、聞き役に徹した。
話し疲れるほど話してもらうと、幾分か元気になったようだったので、まあこれでよしと思う。

11時半帰宅。

フジファブリックのクロニクルを聴く。
ほんわかしたメロディーに、ぎょっとするほどネガティブな歌詞がくるまれている。
聴いていると、精神が螺旋状に下降していくような気がする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました