意外とグダグダではなかった

朝、冷や汁。
昨日は大変蒸し暑かったので、今日もきっと暑いだろうと思って仕込んだのだが、今朝の気温は低く、空気も渇いて、過ごしやすかった。

夕方、西荻へ。
宇宙キャンパスが、ライブハウスで何かやるというので見に行く。
公演なのか、コントライブなのか、そのあたりは不明瞭だった。
昨年末に萬劇場でやったのと同じ感じのものだろうと想像して臨んだ。

フロアで一石君に会い、隣の椅子に座る。
スタンディング仕様になっていたので、限られた椅子席キープはありがたかった。

はるぽんMAXの一人芝居らしき出し物のあと、宇宙キャンパス役者による芝居があり、最後はゲストのバンドによるライブ演奏で終わった。
トータル4時間弱はきつかった。

進行はグダグダな感じで、芝居もクダグダを売りにしているようだった。
だが、役者達の表情に戸惑いや緊張や怯えの色も時折見えた。
もしかするとグダグダに向いているわけではないのかもしれない。
脇本君は特に天然じゃなかったので、いっそ出番を待つ間、延々とビールを飲ませていれば面白かったかも。

10時半帰宅。
冷や汁の残りで遅めの夕食。

コメント

タイトルとURLをコピーしました