濡れて池袋

昼前に劇場入り。
楽屋にある私物は一昨日から少しずつ減らしている。
差し入れのお菓子なども。

天気は曇りだった。

そういえば仕込み二日目にこんなことがあった。
台風が近づいていたのに傘を持っておらず、劇場そばのコンビニへ買いに行った。
ビニール傘を買おうとしたが、初音ミクの傘しかなかった。
さすがにそれはさせないので、900円くらいのちゃんとした傘を選び、肘にかけて買い物を続けた。
ハンバーガーとコーラを持ってレジに行き、ポテトフライを注文した。
「ポテトは今ないんです」と言われた。
なら別のものを食べようと思い、ハンバーガーの代わりにサンドイッチとおにぎり、ポテトフライの代わりにフライドチキンを選んだ。
チキンを別の袋に入れるか聞かれたが、同じのでいいと答えた。
劇場に戻り楽屋で食事をした。
チキンが入ってなかった。
心の中で悪態をついて、レシートを確かめる。
傘のお金がはいってなかった。
肘にかけたまま、食品棚をうろうろしているうちに、存在がなじんでしまい、金を払わずに持ってきてしまったのだ。
金を払ったのにチキンは入ってなかったけど、払ってないのに傘を持ってきてしまった。
翌日、コンビニに行き、ことの顛末を話すと、事情をよく知らないバイトくんが傘のお金を受け取ってくれた。
だがチキンはくれなかった。

本日は14時のみ。

開演前の集合で、何かを言おうとしたが、頭の中に言うべき言葉が何もなかった。
「つまり、やるしかないということでしょう」
とまとめる。

本番は、全7ステージ中、一番良かったと思う。
感傷的な部分を差し引いても、8月末に集まった知らない者同士のメンバーが、能う限りの力を出していた。

終演後、片付け作業に入る。
お金の計算その他をしながら、大入り袋を忘れていたことに気づいた。

急いで近くのキャンドゥへ行くが、なかった。
Googleマップでダイソーの場所を調べ、三河島駅に行くが、なし。
日暮里駅の反対側のキャンドゥに走るが、そこにもなかった。
外は雨が強く降っていた。
これ以上探し回るより、確実に置いてあるところに行った方が良いと判断し、池袋へ。
東武の上の階にある文房具店でようやく見つけた。

劇場に戻り、片付いた楽屋で大入り袋の宛名書きをする。
こういう、土壇場での忘れ物、忘れ作業が、今回はことのほか多かった。

精算を済ませ、打ち上げ会場に移動する。
席予約のみしていたのだが、店員にコースを勧められた。
単品だと料理が出てくるのが遅くなるとのこと。

先にいるメンバーで乾杯。
参加者が集まるごとに乾杯を繰り返す。

芹川は前回同様、照明機材の返し作業に回ってくれていた。
無事終えて尾池さんとともに到着。

全員揃ったところで、大入り袋を配る。
言葉を淀みなく出せないんじゃないかと思ったが、何も考えないまま出てきた。

コースにしたのだが、料理が思ったよりも遅く、足りない品があったりしたので、店員に交渉して変えてもらった。
2次会もその店で行い、色々な話をする。

4時半に、会計を先に済ませ、始発の時刻に間に合うよう、打ち上げを後にする。
主宰なのに、打ち上げのシメを行わずに帰ることに、後ろめたさがあった。
だが、これ以上は無理だと思った。

5時半帰宅。
文字通り、倒れ込む。

寝ている間に死んでしまうんじゃないかと思った。
でも、どうでもよかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました