ウーララ最終稽古日

昼、「丸信」

宮崎さんから音響のメール。
冒頭で使うエレベーターの音について。

午後、BGM作業の続き。
4時前に家を出る。
上井草スポーツセンターへ行き、小一時間泳ぐ。
帰りに荻窪八幡に寄り、公演が無事に終わるようお参りをする。

シャワーを浴びてから再び家を出る。
荻窪駅で翼くんと待ち合わせ。
レンタカーのメンバーズカードを渡し、積み込みをお願いする。

自転車で高井戸へ。
最終稽古。
高井戸にもプールはあるが、スイムウェアを持って行くのが面倒でやめた。
みかんや体重計など荷物も多かった。

7時から通し。
尾池さん来る。
助手の緒方さんも一緒。

エレベーターから、富雄美奈代と続く場面はテンポが良かった。
その後、いったんテンポが落ち、まったりとしてしまう。
中盤からやや持ち直す。
昨日、抜き稽古をしたことによる改善もあり、良くなっているところはあった。
だがまだ、芝居が手の内に入ったという感じはしない。
台詞が入って動きが決まっても、味がなじまない。

上演時間は2時間8分だった。
この前やった時は2時間20分だった。
それほど多くの台詞をカットしたわけではないが、無駄が削がれた結果と思いたい。

稽古場を片付ける。
台本は『毒薬』より早くあがり、『暮れなずめ』よりは少し遅かった。
稽古期間は三公演の中では最も長かった。
通し回数は最も少なかった。

近くの「一心」で、稽古場打ち上げ。
尾池さん、緒方さん、金ちゃん、岳志くんの席に座る。
金ちゃんと尾池さんがざっくばらんに話をしていた。
十年以上前から知り合いらしい。
緒方さんと、明日の照明積み込みの待ち合わせ場所を確認。

12時前に店を出る。
途中まで自転車で尾池さんと一緒。

12時過ぎ帰宅。
小道具に使う三角の台を作る。
人が上に乗るためにはどうすればいいか、新聞紙や段ボールで研究する。
同じ幅に切った帯状の段ボールを、台の内部でとぐろを巻くようにしたらうまくいった。
2時を過ぎていた。
明日にまわすことにして、明かりを消した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました