2年ぶりいなり寿司

2時に寝たのに5時前に目を覚まし、そのまま書き物をして、7時に家を出る。
ホープ軒で朝飯。
カウンター前に石油ストーブが置いてあった。

8時半少し前から仕事。
昨日の続きをやる。
テーブルの引っ越し作業。
エクスポートをして消去の繰り返し。
ここに一番時間をかけた方がいいと、経験が俺に告げている。
経験が俺を訪ねてくるなんて、芝居でもあまりないことだ。

5時前に起きたせいか、一日中眠かった。
頭の中心部に眠気が居座っていた。

昼、昨日作った海老フライや牡蠣フライで弁当。

午後、眠気と格闘しながら、テーブルの整理を続ける。
大仕事だ。
当然のことながら、これまで使ってきたクエリの多くは修正が必要になる。
そして、ExcelやAccessで作ってきた、サブツールの数々も、作り直さないといけなくなる。
仕事量を想像すると、目が回りそうになる。

6時半にあがる。
眠気がピークに達し、めまいの域まできていた。
横になったら2分で眠れる自信があった。

買い物をして7時半帰宅。
すぐに図書館へ行き、借りていた本を返し、予約していた本を受け取る。

いなり寿司を作った。
煮物が余っていたので、細かく刻んでちらし寿司の具にし、そいつを煮詰めた油揚げに積めた。
CameraZOOM-20141127222212449

今月は自炊と弁当の月だった。
ずっと出来ていたことが出来なくなっていたのは、生活に目を向ける心のゆとりがないからだと思っていた。
いなり寿司は大好物なのに、作ったのは2年ぶりだ。
この2年、何を食べて生きて来たんだろう。

『君よ憤怒の河を渉れ』を見る。
原田芳雄の芝居がいい。
役者としていちばん脂が乗っている頃か。
存在感が図抜けている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました