18ページ書く

朝、ひとつの場面が頭に浮かび、少し書き足す。
このまま進んでいきそうだと思った。

10時、サミットへ行き、納豆と豆腐を買う。
帰宅し、台本書きの続き。

昼、玄米粥と味噌汁と納豆食べる。
午後はずっと台本書き。

夕方6時に切り上げる。
書き足し文は18ページ。
トータル68ページ。
75ページ前後で終わる予定なので、かなり進んだことになる。

ただし、今日書いた分の終わりの方は、書き直さないといけない。
本来ならもっと後ろにあるべき場面を先に書いたので、内容が手前のページにずれている。

それでも、今、ここまで来ていますということを知らせるために、印刷をして西荻の稽古場へ。

いない役者の分を代役でやり、読みをし、稽古をする。
9時45分終了。

10時半帰宅。
一日中書いていたので、頭がぼーっとしていた。
ぬるめの風呂にゆっくりとつかる。
涼むために近所を散歩する。

歩行者と自転車のみ通れる小道がある。
そこを歩く。
真夜中の住宅地だ。
誰もいない。

20分ほど歩き、公園のそばを通る。
ベンチに、若い男が仰向けに寝っ転がっていた。
「心が叫びたかってるんだよ」
と男は言った。
小雨が降っていた。
濡れるんじゃないか?
それだけが気になった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。