勘九郎の肉体を堪能する

7時半に起きた。昨日いつ寝たのか覚えていなかった。買った缶サワーは蓋があいていなかった。今日は依存しない日なので、あけずに、食器棚の上に移動した。朝からストイックな俺。ニヤリ。サワーは悲しそうな顔でこっちを見ている。そんな顔したって飲まないよ。

今日は、ヤングたちの仕事があり、自分は待機だった。時折、連絡網のメッセージを読むが、一人、退会してしまったようだ。現場では何が起こっているのだろう。

昼、昨日からキウイに漬けたステーキ肉を焼いてみた。180度のオーブンで20分焼き、そのあとフライパンで焼き色をつけた。半日つけ込んでいたので柔らかくなってはいたが、旨くはなかった。
その後、ネットでオーブンによるステーキの調理法を調べた。サラダ油をたっぷり塗ってキッチンペーパーに包み、120度のオーブンで15分焼き、裏返して10分焼き、そのあとでフライパンで役というレシピがあった。サラダ油は、安い肉特有の匂いを吸収してくれるそうだ。夜はその方法で焼いてみようと思った。

3時、待機も落ち着いたので、走りに行くことにした。なんと、先月の3日以来一度も走っていなかった。寒かったからだ。

水道道路を往復11キロ走った。
1月3日に走った後でフォームのことを色々調べた。どうも最近の自分は、上半身を垂直にして、腰をどっしりと落ち着けて走っていたようだ。
2015年の12月に袋井クラウンメロンマラソンに出た時は、レースの三日前に30キロ走をした。無茶ではあるが、仕上げの長距離走をやっていなかったので、走っておかなくてはいけなかった。
10キロくらい走ってから、雨が降り始めた。顔に雨が当たるのを防ごうとして、上半身がやや前傾気味になった。その時、たぶん、腰の位置がいい感じに高くなり、走りやすいフォームになっていたのだと思う。そのまま残り20キロを走ったことで、本番直前にフォームの矯正ができた。だから、走り込みの回数と距離が足りなくても、本番ではいい感じに走れたのだろう。
で、今日はそのことを思い出したので、上半身の姿勢を意識しながら走った。年末に10キロ走った時よりも早く走れたし、疲れなかった。ただ、前腿の筋肉が張ってしまった。10キロでそんな調子では、20キロも危ういだろう。

家に帰る前に、近所の公園で夕陽を眺めた。晴れていたし、夕焼けが見られるかもしれないと期待したのだが、空が染まることはなかった。でも、その公園は丘があり、23区内とはとても思えない眺めを楽しめる。うちから歩いて5分ちょっとだ。サンドイッチとか作って、昼ご飯はそこで食べるなんてことが出来る。やったことないけど。

丘の近くに以前あった空き地が工事中になっていた。調整池を作るらしい。一昨年、梅干しを干した空き地だ。何もないところが良かったのだが、調整池は水害対策の一環だし、完成したら親水池にもなるようなので、まあ仕方ない。その頃までいるかどうかわからないが。

夜、漬けていたステーキ肉の残りを、サラダ油に浸してオーブンで焼いた。キウイに漬ける時間が丸一日になってしまったため、肉が柔らかくなりすぎてしまった。柔らかくなればいいもんじゃないと思った。

「いだてん」見る。杉本哲太の芝居が、まっすぐで、とてもいい。小細工を弄さず、「味」をひけらかそうとしないところがすごく好ましい。
小泉今日子も、すごくいい女優さんになっていて、変な言い方だが、キョンキョンじゃないみたいだった。
天狗倶楽部や、森山未來演じる若き志ん生など、肉体礼賛って感じの場面が多いが、勘九郎の肉体がズハぬけて素晴らしい。あの身体を見るためだけに、毎回見ていると言っても過言ではない。だれか、影響力のある人が、声を大にして言ってくれないものかなあ。 背筋から肩の筋肉がいい。裸足で地面をつかむようにして作られていった、明治男の、惚れ惚れする 肉体。

男の身体が好きなのである。特に、生きるために働くことで身についた、使える肉体というものに、ぐっとくる。見せる系のシックスパック痩せマッチョは好きじゃない。
おれのセクシュアリティは「異性好き」で、男を抱きたいとか、抱かれたいとかは思わない。しかし、猪木さんにはビンタされたい。前田日明には胸ぐら捕まれてカツアゲされたい。そこにある恍惚はなんなのだろう?

本棚から三島由紀夫『仮面の告白』を出した。今こそ、これを読め、ということかな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。