ウニ退治

4時半頃に目が覚めた。朝飯まで時間があったが、そのまま起きていた方が腹が減り、美味しく食べられそうだと思い、起きていた。

7時に食堂へ行く。ガラガラだと思ったら結構混んでいた。自分で刺身を選んで丼の具材にする勝手丼、その鍋バージョンの勝手鍋、サラダバー、各種おかず、各種サラダ、パン、お粥、ご飯、炊き込みご飯、カレールーなど、種類はかなり豊富だった。
刺身で勝手丼を作って食べ、花咲ガニの炊き込みご飯を食べた。

8時半にチェックアウトする。

ナビで、目的地を羅臼に設定した。

ガソリンが思ったよりも減っていたので、ガソリンスタンドがあったら入ろうと思いつつ車を走らせた。しかし、本日休みの店ばかりだった。

海沿いを北に向かう。標津町に入ってようやくあいているガソリンスタンドを見つけた。

給油し、北に向かう。

昨日、納沙布岬でかすかに見えていた国後島は、北に行けば行くほど島影が鮮明になってきた。

途中、干物を乾かしているマシーンを発見。

11時過ぎに羅臼へ。
道の駅に車を止め「知床食堂」に入った。

他のメニューには目もくれずウニ丼を頼んだ。

羅臼でとれる旬のエゾバフンウニがこれでもかと盛られていた。
見た瞬間、なぜか罪の意識を覚えた。いいのか? こんなの食って?

あとは、無言で食べた。

ウニは柔らかく、辛うじて固形を維持しているクリームのようだった。それらを口に入れ、歯を使わず、舌先で口蓋に押しつけるようにした。ずるとクリームが広がるので、ウニが乗っていた飯を口に入れ、歯と舌を使い、固いものと柔らかいものを一つにした。

店を出るとちょうど正午だった。港の小さい灯台まで散歩した。暖かかった。
国後島がよく見えた。
知床横断道路を使ってオホーツク海側のウトロに行きたかったのだが、除雪が終わっておらず、開通するのは連休直前ごろになりそうだった。

ウトロ側に出るために、来た道を戻り、迂回ルートをとった。

2時半頃に斜里町に出る。
オホーツク海沿いを東に向かった。
「カリオストロの城」の冒頭、クラリスと追っ手とルパンのシーンみたいな道が続いた。

3時に知床自然センターに着いた。
中に入ると、主にヒグマに関するたくさんの資料が置いてあった。
知床の釣り事情についても書いてあった。鮭がふつうに釣魚対象となっていた。
ガイドの説明や長靴のレンタルをやっているようだったが、歩くコースがどうなっているのかいまいちわからなかったので、海の方向に向かうコースを少し歩いてみた。
道が雪で覆われ、踏み固められているところでもくるぶしより深く靴が潜った。
なるほど。長靴が要るわけだ。
しかし、それよりも、一人でそこにいることが恐ろしかった。
時々、茂みがガサッと音を立てたりすると、ビクッとなった。

車で、もう少し半島の先まで走らせた。途中、エゾジカが数頭、道路の端で草を食べていた。

知床五湖のパーキングで車を止めた。そこから、木の柵がある高架道で、五湖近くまで歩けるようだった。
柵の外側には高圧電流が流れる鉄線が張り巡らされていた。
湖はまだ凍っていた。

しかし、昨日もそうだったが、気温の割に寒くなかった。

五胡パーキングを5時に出た。海沿いの道まで下ると、キタキツネが道の端を歩いていた。

ナビを網走にセットした。
夕陽がオホーツク海に沈んでいた。流氷はなかった。

6時40分に網走到着。チェックインしてすぐ、夕食を食べに外に出た。
川沿いの道を歩いていると、いきなり、大きなサイレンの音が鳴り響いた。何ごとかと思ったが、7時の時報らしかった。

「ホワイトハウス」という洋食屋に向かった。
そこは、ステーキとウニいくら丼セットという、とんでもないメニューを出している店らしかった。
ところが、店の前に着くと、食材がなくなったので今日の営業は終了したと看板が出ていた。

仕方なく、目をつけていたもう一つの店に向かった。
「網走ビール館」
焼き肉屋らしい。

店の前の駐車スペースには車がたくさん止まっていた。
中に入るとカップルが一組順番待ちをしていた。

15分ほど待ってから席に通された。
カウンターではなく、4人掛けのテーブルだった。

和牛盛り合わせ、豚トロ、鶏モモ、冷麺、卵スープを食べ、地ビールを飲んだ。
地ビールは、青、緑、ピンクの色がついていて、実は発泡酒だったが美味かった。

9時にホテルに戻り、風呂に入った。チェックインした時フロントにいたおっさんが、素っ裸でサウナ室にいた。従業員も利用するらしい。

部屋に戻り、知床で買ったワンカップを飲むと、猛烈に眠くなってきた。ぐっすり寝られそうだと思った。

11時過ぎ就寝。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。