ファン道

8時過ぎ起き。朝飯に、ご飯、納豆、照り焼きチキン食べる。

10時、先生宅へ。次のステップにどう進むか相談に乗ってもらう。

図書館に寄り、予約した本と、いくつかの本を借りる。
サミットで買い物して帰宅。

昼、ミートソースを作る。玉ねぎと人参のみじん切りを炒め、ひき肉を加えて炒め、赤ワインを足して煮詰めてから、ホールトマトを足して煮詰めた。
できたソースをスパゲッティにかけて食べた。旨かったが、ホールトマトを使うと酸味が強くなるのを何とかしたいと思った。昔、デニーズで食べたミートソースは、酸味がほとんどなくて美味しかったのだが、どうやって作ればいいのだろう?

1時半、眠くなり、横になったら、5時まで寝てしまった。起きて、晩飯の支度をする。
昼に買ったうるめいわしを捌いてつみれ汁を作った。昔、ガッテンで紹介されていたレシピを検索したら、ヒットしなかったので、転記したユーザーのサイトを参考にした。半分は形を残し、半分だけ叩いてミンチ状にし、味つけは塩、つなぎは卵白だけというもの。
できたつみれは小骨が気になった。いわしがでかかったせいかもしれない。

日本酒を飲み、Youtubeで歌関係の動画ばかり見る。
久しぶりにPerfumeの動画も見る。昨年は一度もライブにいけなかった。抽選ではずれた。
正月にアップされた公式インスタグラムの写真を見て、のっちがなぜピンボケなのだと批判するファンがいたそうだ。ソフトフォーカスでピントが合わなかっただけだろうに。
おれは逆に、「らしくて、いいな」と好意的に受け止めた。正直、そんなことで騒ぐ人がいると知って、引いてしまった。一緒にされたくねー。
おれは、おれがどんなに「解散しないで!」と思っていても、解散したい時にしてくれて全然いい。もちろん続けてくれてもいい。選ぶ権利は100パーセントアーチストにあると思う。おれなんかの望みは無視して欲しい。にもかかわらず、アルバムがでたら買うし、ライブには行くし、行ったら全力で楽しむ。そうやって、おれの人生をちょっとだけ、豊かにさせてもらう。
ピンボケで騒いでいた人達は、Perfumeを好きになりすぎているのかもしれない。しかし、思うんだが、Perfumeに限らず、好きになりすぎるということは、対象のアーチストにとって、いいことではない。
アーチストじゃなくて、たとえば、恋人とか、子供とか、ペットとかでもそうだ。『過ぎたら』だめだろう。
なんで『過ぎちゃう』のか? そこには、なにかの欠落があって、埋めようとする欲求があるんではないか? だとしたらさ、アーチスト的に、そんなの関係ないじゃん。自分で埋めろって話じゃん。

なんか、自分で思っていた以上に、ピンボケの件は心の中で燻っていたみたいだ。
いや、単純に、ライブにいけないストレスがたまっているのかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました