走るペースが全然上がらない

4時半起き。ブログ更新と書き作業をほんの少しやる。
春から初夏にかけては体の組成が変わり、その影響で精神もそわそわするのではないかと思っている。体の組成と書くと大げさだが、たとえば体内への水分のため方が違ってくる。

7時半に家を出る。上着は着ず。少し寒かった。8時12分頃に現場着。
SQLの勉強をする。ただ闇雲に本をめくるだけでは何の意味もないなあという思いがあり、それが本をめくることを妨げているが、めくらないよりはマシでもあるのだ。そして、めくると焦ることになる。

午前中、ヒマ時々仕事。

昼、『TOKYOステーキ丼 がブス』へ。がブスステーキ丼のダブルを食べた。ステーキが300グラムあり、ご飯よりも量が多く感じた。

午後、新ツールで扱う商品がまた増えるので、その資料を眺めながら気がついた点をクライアントに質問する。

夕方実家へ。カルディでカレーせんべいを買って行く。
夕食に竹の子ご飯と刺身。
父、食欲がないらしく、顔が真っ白になっていた。エンシュアリキッドの缶を開けて少し飲ませるとまた寝た。
しばらくするとまた起きてきたが、顔色が良くなっていた。

7時40分から走りに行く。中川堤防へ。体を温めるために1キロ走ると堤防につく。息を整えてから5キロをタイムトライアルで走る。息がすごく苦しかったのでペースを調整する。最初の1キロより真ん中の3キロ4キロ目の方が早いペースで楽に走れた。しかし、ラップタイムを見ると一度も5分を切っておらず、最初の2キロは5分30秒近いペースだった。あんだけ苦しい思いをしてそのペースというのは遅すぎる。やはり体が重いからだろう。

シャワーを浴び、自室で『バスターのバラード』を少し見る。衣装と美術が素晴らしい。

サンドイッチマンのコントと漫才映像を立て続けに見る。

12時就寝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました