もぎ女

 徹夜明けの仕込み。
 明け方くらいまでは絶好調だったのだが、朝の9時を過ぎたあたりから急に眠気に襲われ、劇場に着いた頃は吐き気とめまいがした。

 オギノ君の指揮下、ごく簡単に仕込みは進む。

 前回公演同様、今回も時間が余り気味であった。
 余っているというよりは、照明の吊りこみやその他に時間がかかった。

 その間手の空いている役者は細かい諸作業をする。

 マミちゃんと小道具作りをしながら四方山話。
 「私は野生児でした。木から果物もぎました。畑からトウモロコシもぎました」
 と、もぎまくっていた少女時代を振り返る彼女であった。

 気分がすぐれなかったので昼飯を食わなかったのだが、夕方の4時頃猛烈に腹が空いてきたので、買い出しにいく望月に弁当を頼んだ。
 何の変哲もない弁当だったのだが、なぜか感動的にうまかった。
 最近食生活が乱れているような気がする。
 食わなかったり食いまくったり。
 こういうのは間違いなくストレスから来ているものだろう。

 仕込みはまったりと進んだのだが、場当たりはなかなか難しかった。
 明かりが全部できていないこともあったので、途中休憩をはさみながら行うと、いつの間にか夜の11時近くになっていた。

 本日はその段階で解散。

 帰り道、望月、オギノ君、マミちゃん、美和ちゃん、中山君と帰る。
 皆、疲れていた。

 12時過ぎに帰宅。
 シャワーを浴び、部屋を少し片づける。
 3時就寝。

タイトルとURLをコピーしました