猫のいる公園

 いつも昼に行く公園は猫が沢山いる。
 常駐ホームレスのテントそばには三毛一族が。
 日当たりのいい東側ベンチには茶虎一族がいる。
 たまにコンビニで買ったパンをベンチに座って食べていると、餌をねだりにやってくる。
 その仕草はかわいいけど、正面から顔を見ると、その表情に荒々しい野生を感じることがある。
 そんな時は俺の負け。

 ホームレスのおっさんは三毛に名前をつけているようだった。
 おっさんなりに三毛の健康を気遣っているのか、昼休みのOLが食べる弁当を三毛が物欲しそうに見ていると、
 「おい!おい!こっちこい!」
 と三毛を呼び、食べさせないようにしている。

 夕方新宿の海峡でマグネシウムリボンの制作会議。
 様々な仕事の責任者を分担した。
 山崎は、
 「次はすごく楽しい公演になるような気がする」
 と脈絡なく言っている。
 しかしこうした言葉は思うだけでなく、実際に発することが重要だと、日本経済界の立志伝中人物の伝記を読むにつけ思う。
 芝居を作る時も、
 「やばいよ」
 と言ったことがない。
 誰かに、
 「ねえ、あのシーンやばくない?」
 とか聞かれても、
 「絶対大丈夫だよ」
 と答えている。
 その方がなんとかなる。

 ただ、だれも「ヤバい」と思わない公演はまずい。
 俺が思うのはそりゃ当然のことなのだが、他のメンバーがのほほんとしていると、やばいなあと思う。
 「ヤバい」と「だいじょうぶ」を同時に言うのはほんとにヤバい。

 慎重な健ちゃんは何も言わず、横で微笑以上苦笑未満の顔だった。
 
 9時まで話しつつ飲む。

 坂東眞砂子「聖アントニオの舌」読了。
 イタリアの聖跡をめぐるエッセイ。
 聖跡というものに今まで興味を持ったことがないのだが、そのため逆に興味深く読むことができた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。