活字飢字

 朝10時起き。
 昨夜は宵っ張りだったのに、目覚めは良かった。
 外は曇り。
 気温もかなり下がったようだ。
 寝苦しさがなかったため、熟眠できたのだろうか。

 洗濯と掃除をする。
 よりによって曇った日に洗濯なんて、タイミングの悪いことだ。
 公演直後、工事現場のようだったオレの部屋はようやく片付きつつある。

 次回公演のことをぼんやりと考える。
 荘厳なものをやりたいという気持ちがある。
 それ以外、なんのプランもない。
 <荘厳>から連想して、キーワードがどれだけ増えていくか。

 夜、タマネギと豚肉を焼き肉丼にして食べる。
 少しずつ、自炊脳が復活しつつある。

 長谷部浩『野田秀樹論』
 松尾スズキ『大人計画全仕事』
 それぞれ読了。
 演劇ミーハーになった気分だ。

 週末は見事に暑かったが、肝心の海の日である今日は一日中雨で肌寒かった。
 あの暑さはなんだったのだろう。

 <荘厳>という言葉を頼りに本棚をあさっていたら、篠田節子『弥勒』と目が合った。
 5年ぶりに読み返すことにする。
 その前に、山田詠美『風味絶佳』を読み始めたら、止まらなくなる。
 贅肉をそぎ落とされた言葉が突き刺さる。
 だが、鍼灸師の針のように心地よい。
 一行一行に、新鮮な<気づき>がある。
 そういえば、純粋に本を読むのは2ヶ月ぶりか。
 飢えていたんだな。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。