悪いことが続いた日

朝6時起き。
阿佐ヶ谷に行きロングバンを借り、いったんうちに戻り荷物を積み込む。
環八に出て五反田に向かうが、渋滞のため甲州街道に出るまで非常に時間がかかった。

予定より30分近く遅れて五反田到着。
健ちゃんと松本さんは積み荷を先にまとめてくれていた。
すぐに積み込み、車を阿佐ヶ谷へ戻す。

劇場近くで久保田君、ノブ君と落ち合い、荷物下ろしを手伝ってもらう。
その後、尾池さん宅へ。
積み込みを済ませてから田中さんを乗せ、劇場に10時半到着。

その後、車を返却しに行く。
左側ボディーにこすり傷がついており、こすったであろう場所に戻って事故処理をとるように言われる。
110番に電話をすると、
「事件ですかあ事故ですかあ?」
と、語尾をのばす感じの声が聞こえた。
「あの、レンタカーで…」
「はいはい、電話しろって言われたんでしょお、今どこにいるのお?」
「青梅街道の…」
「それじゃわかんねえよ、住所だよ」
「荻窪三丁目と書いてます」
「番地は?」
番地といきなり聞かれてわかるはずもなく、道路標識に書いてある交差点名を伝えた。
「ああもういいよわかったから、じゃあそのすぐ近くに交番あるから、今から行かせるから」
語尾をのばす男は電話を切った。

少しして、交番の巡査が来た。
事情を話し、事故届けを出してもらう。
次にレンタカーの事故処理センターに電話をする。
手続きを終えてから車を返しに行く。
免責代とノンオペレーションチャージで7万円かかった。

レンタカーを出ると、自転車の鍵をなくしていることに気づいた。
踏んだり蹴ったりだ。
1時過ぎに劇場に戻る。

谷中さんから借りたミシンの調子が悪く、ボビンが糸を巻き取らなかった。
油を差したり、ケースを開けて見たりしたが、原因はわからなかった。
作業が徹底的に押してしまうので、健ちゃんが、
「買おう」
と言った。

谷中さんから電話があった。
ミシンのことで責任を感じたらしく、夕方縫い作業を手伝いに来てくれるというのだ。
大変ありがたかった。

夕方、照明・音響のデータ取り。
台本の半分まで進んだところで退出時間が来る。

夜10時に劇場を出る。
そのまま、自転車を置いていたところに向かう。
ドライバーを片手に、なんとかできないものかと色々見るが、リング式の鍵だったのでどうにもならなかった。
仕方なく電車で帰る。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。