真夏の昼走り

明け方に帰ったのだが、それほど長くは眠らず、10時半に目が覚めた。
角煮丼を作って食べる。

昼過ぎ、どうせ予定もないし走るかと思い、着替えて石神井公園方面へ。

踏切を渡ってから、いつもの大泉学園方面の道とは違うコースを走る。
東映通りを経て、土支田へ。
そこで自販機にて水分補給をする。

真夏の昼間に走るわけだから、汗の量がものすごかった。
(こんなにジューシーでいいのかな俺)
と思ったりした。

土支田からの復路で、またも右腿付け根痛。
走っていて、ある程度の距離を超えると痛みだすようだ。

ゆっくりと走って帰宅。
往復15K。
体重が3キロも減っていた。
水分補給をしているから、3リットル以上の汗を流したということになる。

夜、特にお腹が空いてはいなかったので、近所のドラッグストアで買ったチーかまを食べ、ビールを飲んだ。
食欲が出てきてから、卵かけご飯を食べた。

チーかまが好きである。
お腹いっぱいチーかまを食べるというのが夢である。
大人買いすれば済む話であるが、それだとロマンがないので自制している。
ちょっとした物語つきで、そういうことにならないかなと期待しているが。
たぶん誰も、俺がチーかま好きであることを知らないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました