初めて自炊したときのこと

朝、ほうれん草とベーコンと卵の炒め物をささっと作り、弁当のおかずにした。
一人暮らしを始めた頃、初めて自炊した時のメニューがそれだった。
居酒屋バイトのメニューにあったので、適当に真似して作った。
味付けは塩胡椒だけだったか。
まだ炊飯器を持っておらず、レトルトのご飯を温めて一緒に食べた。
キャンプでもしているみたいで、しみじみ嬉しかった。
ただ、ほうれん草に芋虫が紛れ込んでいたらしく、焦げたそいつを皿の中に見つけ、一気に気分は萎えた。
この日の自炊のために買ったまな板、包丁、ボールは、そのまま現在まで使い続けている。

自炊を始めたといっても、それまで料理などしたことがないから、作るメニューは限られていた。
スパゲティミートソースをよく食べていた。
たまにカレー。
野菜のテキトー炒め。
焼き肉。
あとは思い出せない。
インスタント食品はなるべく避けるようにしていたし、外食するほど金はなかったはずだ。
何を食べていたんだろう?
アパートに越して9ヶ月後に生協が隣にできたので会員になった。
買い物する時にメダルを見せないといけないのだが、財布をすられたときになくしてしまった。
その時は生協から離れた部屋に引っ越してたので、まあいいやと放っておいたが、退会した記憶はないので申請すれば再度メダルをもらえるんじゃないだろうか。
会員になってから20年が過ぎ、四回も引っ越ししているけれど、一度問い合わせてみようか。
今住んでる部屋の近くに生協あるし。

夜、実家へ。
「すき焼き食べたい」
とメールをしておいたので、夜はすき焼きだった。

父に「ガンダム」テレビ版のDVDを渡す。

時間がうまく使えず、気がついたら1時近くになっていた。
『騎士団長殺し』第1部を読み、2時前就寝。

タイトルとURLをコピーしました