トマトおしまい

午前中会議。来月から定時ミーティングを開く由。
夕方池袋へ。狸穴でつけ麺食べる。蕎麦と同じ鍋で茹でてある麺だったが、アレルギー反応は出なかった。

シアターKASSAIへ。入口で小田さんに挨拶。

弦巻くん、近所の親父を演じていた。宇宙キャンパス作品に出る時よりやや大人しめ。
オペを田中星ちゃんと石井くんがやっていた。調光卓越しに挨拶する。

柄谷行人『日本近代文学の起源 原本』読了。

10時半帰宅。

トマトの葉が完全に萎れてしまった。
茎は太く、根は水を吸っているようなのだが、上部の葉まで届いていない。
葉がすべてなくなったら、もはや成長は望めない。

7月10日に大量の注水を行ったこと。
それにより塩素濃度が増し、好気性バクテリアが死滅し、水質が悪化したこと。
気づいて根切りをした時に、溶液の総入れ替えをしなかったこと。
のちに総入れ替えをした時に、肥料を薄めにしなかったこと。
悔やまれる点は色々あるが、その時点ではどうしたらいいのかわからなかった。

実は14個実ったが、終わりの方は葉の萎れと時期が重なり、小さいまま熟してしまった。

7月10日までは順調だった。
脇芽をそのまま伸ばしていたので、そのまま育っていたらあちこちに実をつけていたはず。

リフォーム工事が始まって、窓は建築用シートで覆われている。
次の水耕栽培を始めるには、工事終了を待たねばならない。

ネットて調べると、水耕栽培の根腐れ病について、いくつかの記事が見つかった。
原因はカビらしく、土耕栽培でも水はけが悪い時に起こるらしい。
水耕栽培の場合、水に浸かりっぱなしなので、いかに容器を清潔に保つかが重要とのこと。
病気を予防するための、ミリオンAという薬剤があるらしいが、知るのが遅すぎた。
この経験、来年に生かせるといいが。

3時過ぎ就寝。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。