温泉へ

7時半起き。ご飯、大根のぬか漬け、味噌汁で朝飯を食べる。

8時半に家を出る。自転車で中野へ。南口で駐輪場を探すが見つからなかったので、北口のTimes24に停めた。

9時、車を借りて、茨城方面に向かう。首都高から常磐道。道は空いていた。いい天気だった。日差しが車内に差し込み、エアコンをつけなくても暖かかった。

12時、常陸太田市へ。「釜平」という食堂へ。車を停める場所を探すのが大変だった。
ソースカツ丼の大盛りを食べた。ご飯の量が思ったよりも多かった。ソースカツ丼といえば、ご飯にキャベツが敷かれているのを想像するが、ここのはソースをつけたカツがのっているだけだった。
にも関わらず、抜群に旨かった。ご飯も美味しかったので、つけ合わせのお新香だけで十分いけた。

1時、竜神峡へ。竜神大橋を渡る。ここは100メートルのバンジージャンプができることで有名らしい。
橋の途中で、下に降りられる入り口があった。橋の真下の骨組みみたいなところにバンジージャンプの設備があるようで、ヒップホップ系の音楽が聞こえてきた。

橋を渡ると見晴らし台があったので、そこからバンジージャンプを見学した。以前、よみうりランドでバンジージャンプをしている人を見て気分が悪くなったことがあるのだが、竜神峡のバンジーは景色が雄大なためか、見ていても恐怖は感じなかった。「じゃあ、やれ」と言われても、いちバンジー17000円もするので、気軽にはやれない。奢ってくれるなら考えるけど。

橋の床面に、90センチ四方くらいのガラス張りになっているところが二箇所あった。その上に立つと、真下が谷底だった。

寒かったが、氷点下ではなかったので、それほど着込まなくても大丈夫だった。

3時前、袋田の滝へ。まったく凍っていなかった。凍った滝が見たくて来たのに残念だったが、完全に凍結するのは何年かに一回らしいから仕方ない。
なので、普通に、滝観光をした。

滝入り口の土産物屋にパーキングがあり、店の人の誘い文句につられて500円で停めた。滝を見た帰りにそこで柚子味噌と刺身こんにゃくを買った。1500円以上買うと駐車料金は無料になった。
店員がみんな、感じのいい人たちだった。車を出す時、何度も何度もお辞儀されたので、笑顔でお辞儀を返した。

4時、奥久慈のホテルにチェックイン。

夕食が7時15分からだったので、5時半まで部屋で休み、そのあと温泉に入った。

温泉から上がり、ロビーのマッサージ機を試し、部屋に戻ると7時だった。7時15分に食堂へ行くと、入り口の前に行列が出来ていた。

夕食は食べ放題飲み放題だった。ズワイガニの食べ放題が売りだったが、他のメニューもそれなりに豊富だった。よくある、ホテルの朝飯の、夕食版といったところだった。

席を確保して、のんびりした気分で料理をとった。にぎり寿司、天ぷら、味噌田楽、刺身、その他、色々な料理をプレートにとった。そして、ズワイガニ。飲み物はビール。

ズワイガニは足の部分だけだったが、カニ用ハサミを借りることができたので、食べるのは楽に出来た。アルコール類はビールやサワーの他に日本酒もあった。生を何杯か飲んでから、日本酒を飲んだ。霊水八溝、副将軍、葵中納言。

夕食の時間は1時間半だった。居酒屋の食べ放題飲み放題コースだと思えばいい。

部屋に戻り、ノートパソコンで映画「アンヴィル」の続きを見た。だんだんメンバーに感情移入してきて、ニューアルバム作成と売り込みのところを見ていると切ない気持ちになり、リップスの姉が、弟のことを思ってインタビューに答えているうちに涙を流すところで、もらい泣きをしてしまった。
ラストシーンで、久しぶりに「やるじゃん日本!」と思った。

部屋でも、ハイボールとブランデーを飲んでいたため、映画を見終わるとすっかり酔っていた。自販機で麦茶を買って飲み、12時過ぎ就寝。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました