市場で食いそびれ

5時半起き。少々ベッドに寝転び、起きられるまで覚醒するのを待った。
5時45分、着替えてチェックアウトした。

駅前の卸売市場へ。

この市場に朝5時からやっている食堂がある。まぐろ中落ち丼などが美味しいらしい。
市場は地下一階にあった。若い頃、卸売市場で働いていたので、雰囲気はわかる。

目当ての店に行くと、おばちゃんが準備をしていた。メニューが張られているのをよく見ようと思って近づくとおばちゃんが言った。
「まだよ」
「えっ?」
「まだだって」

どうやら、まだ営業をしていないということらしかった。

仕方なく、市場の他の食堂ものぞいてみたが、そこも営業開始時間はまだだったので、市場を出た。

他に駅周辺で早朝からやっている店はなかった。ラーメン屋ならば7時からやっているところがあったし、吉野家もあったが、三食続けてラーメンは嫌だし、吉野屋もこのまえの旅ランで食べたばかりだ。

8時4分のリゾートしらかみに乗って秋田に向かう予定だった。電車の中で景色を眺めながら駅弁を食べるかと思い、スマホで駅弁を売っている店を調べた。

検索に出てきた店の前に行ってみた。明かりがついていなかった。駅弁を買うにも早過ぎるようだった。

そのあたりの街路樹はりんごだった。姫りんごなのか、小さい種のようだった。

駅に戻る前に海辺を歩いてみた。かつて青函連絡船に使われていた八甲田丸が係留されていた。

下北半島方面。

駅に戻り、KIOSKに駅弁が売っているはずと思い、行ってみた。しかし、青森駅は現在改修工事をやっているようで、場所がよくわからなかった。

KIOSK以外のコンビニに売ってはしないかとローソンに行ってみたが、なかった。食べるものが何もないまま電車に乗るのは嫌なので、駅弁を結局買えなかった時のためにパンを二つ買った。

KIOSKは2階のびゅうプラザ内にあったが、駅弁は売っていなかった。乗車時間が迫っていた。仕方なくおにぎりを2個買った。

心の中はこんな気分だった。

ホームに入り、端の方まで行ってみた。

青函連絡船があった頃は、この線路の先に連絡船がぴったり接岸し、貨物列車をそのまま乗せることができたらしい。その昔、貨物列車は物流の花形だったなあと思う。今はトラックが主役だけど。

8時4分、リゾートしらかみに乗った。この列車は予約する時、青森方面、秋田方面の表示に惑わされると、海側の席を取り損なう。
昨日は山側の席だった。今日は、十二湖で下りて散策するつもりでいたのだったが、青森から秋田までの乗車時間は5時間もあることに加え、十二湖でいったん下りて次の列車に乗ると帰りの飛行機に乗る時刻がギリギリになりそうだったのでやめにして、昨夜チケットも予約しなおした。進行方向の反転現象にも気づいたので、しっかり海側の席に座ることができた。

朝飯におにぎりを食べる。鰺ヶ沢を過ぎるまでは海がまったく見えないので、蓮實重彦『映画狂人 神出鬼没』を読んだ。

車内販売がきた。りんご系のお菓子とシードルを売っていた。シードルは少量で1500円もしたが、買った。美味しかった。

鰺ヶ沢を過ぎて少しすると、千畳敷海岸で止まった。ここで10分以上停車するのは定番のようだった。乗客が降りてミニ観光をしている間、先頭車両の展望スペースが空いたので移動して場所を取った。コンセントがあったのでスマホの充電をした。

千畳敷駅を出るとすぐ、昨日いか焼きを食べた店の前を通った。

岩館を過ぎるまではひたすら車窓から海を見た。展望席には20分ほどいたが、後ろに、座りたそうにしているじいさんがいたので譲って自分の席に戻った。そのじいさんはその後ずっと展望席に座っていた。

スマホ充電のために急速充電アダプタを持って来ていた。これが昨日から大活躍している。家で充電する時に使っているやつが二つあり、日頃は何の気なしに使っていたが、旅先で使うとこれほど重宝するとは思わなかった。コンセントがあった時にちょっと充電するだけで電池残量のパーセントが二桁分回復するのは大変ありがたい。

秋田まで行くつもりでいたが、到着予定時刻は2時近かった。その時間になると昼飯を食べる店に困りそうだと思った。
五能線だと次の列車を待つのに3時間くらいかかるが、東能代なら奥羽線が来るからそんなに待たなくて済む。
東能代で昼飯を食べられる店を検索すると、駅近くに食堂があった。がっつり系の店らしかった。望むところ。

12時半頃に東能代で下りた。じいさんはまだ展望席にいた。

目当ての『中川食堂』という店に行き、カツ丼を頼んだ。カウンターで注文を言うと、できたものがカウンターに置かれるので、自分で取りに行くスタイルだった。

カツ丼は600円だった。見た目ではわからないが、ご飯の盛り方がずしっとしており、重量感があった。タレはやや濃いめで、ずしっと盛られた飯に合っていた。カツも多め。香の物に沢庵がついていた。カツ丼はこういうのがいい。非常に満足した。

東能代駅の待合室に戻って秋田行きの普通列車を待った。改札口に風鈴がいくつも吊されていて、時々とてもいい音を立てていた。

1時50分過ぎの普通で秋田に向かった。八郎潟近くを通る時、八郎潟のことを検索した。戦後の巨大干拓事業だったが、完了する頃には政府はむしろ減反政策を進めていたため、時代と逆行する結果となってしまった。干拓される前の八郎潟は日本で二番目に大きい湖だった。埋め立てられたことで調整池が残ったが生態系は完全に変わってしまった。昔は汽水湖だったが今は淡水湖でブラックバスがいるらしい。などなど。

2時前に秋田に着いた。飛行機の時刻は8時過ぎなので時間にはかなり余裕があった。とはいえ、搭乗手続きやリムジンバスの時刻もある。
リムジンバスの乗り場で時刻表を調べた。4時50分に発射するバスに乗ると、5時半頃に空港に着くようだった。そこで1時間半くらいまったりすればちょうどいい時刻に手続きができそうだった。

駅前をフラフラ歩いてみた。午後2時台だから当然暑かった。

秋田は、さすがに県庁所在地のため資本が投下されており、能代と比べると断然都会に見えた。しかし、初めて秋田に来た8歳の頃は、能代と秋田にそれほど違いはなかった。能代は今よりも人口が多かった。とはいえ、全盛期よりは寂れていたのかもしれないが。

フラフラ歩いてから、スマホの充電をしようと思った。電源が使える店を調べる。ローソンのイートインが検索結果に出てきた。ローソンは目の前にあった。入ってジュースを買い、イートインでスマホの充電をした。

気がつくと4時を過ぎていた。ちょっと歩いて、ちょっと充電したらその時間だった。

リムジンバスの乗り場へ行き、ベンチに座ってバスを待った。日は傾きかけていて、そんなに暑くなかった。

4時50分のバスに乗り空港に向かった。途中、蓮がたくさん浮いている池があった。

空港方面に雨雲が見えた。地面の所々が濡れていた。しかし空港に着いても雨は降っていなかった。

ラウンジのカウンターでビールを飲みながら『映画狂人 神出鬼没』を読んだ。腹は減っていなかった。

7時頃、ロビーへ行くと、西の空が見事な色に染まっていた。

8時5分の飛行機で羽田へ。予定より15分も早く着いた。9時過ぎの京浜急行で新橋へ行き、メトロに乗り換えた。
ドラッグストアで買い物をし、10時半過ぎ帰宅。

トマトの収穫をした。赤くなったのが6個あった。これでトータル収穫数は113個になった。2018年の収穫数110個を超えた。2018年は8月半ば過ぎにその数に到達したが、今回は7月中に到達した。収穫ペースもかなり早くなっている。青い実もまだたくさんついているので、8月中にも収穫は続きそうだ。

トマト棚にとんぼがとまっていた。シオカラトンボの雌だろうか。トマトが育ち、茎周辺には蚊が集まっているが、その蚊を狙ってきたのだろうか。

12時就寝。

タイトルとURLをコピーしました