中川夜釣りポイント見学

4時起き。Tさんワークシートの現状を報告する。たぶん、実データを入力して作業すれば、詰めに必要な細かい部分が出てくると思う。

書き作業少しする。二子玉の橋桁から移動するあたり。

朝飯に、フルーツグラノーラと豆乳。

『哀愁の街に霧が降るのだ』下巻読了。克美荘時代の話がメインであることを再確認した。就職したシーナが克美荘を出て行くと、残りは別の話になってしまう。実際、そこから先は『銀座のカラス』の方がより詳しく書かれている。

7時半に家を出る。昨日より寒くなかった。自転車で現場へ。
朝、SQL勉強。

午前中、ヒマ。

昼、SQL勉強少々。

午後、ヒマ。サーバー移転に伴い、ツールのパス修正をしたくらい。

夕方、西葛西へ。6時半前実家帰宅。
夕食に、ホットドッグと無限キャベツ食べる。無限キャベツはキャベツ半分を使った。味つけはごま油、創味シャンタン、塩こしょう。

8時、中川へシーバス釣りに行く。潮位表を調べたところ、本日はあまり流れがないようだったので、旧江戸ではなく流れの大きい中川にした。
東西線鉄橋近くから葛西橋方面に移動しながら釣る。流れは下げていた。旧江戸と比べるとかなり速く、ルアーはすぐ下流に流された。ベイトの気配はなく水面は穏やかだった。ボイルもなかった。ルアーを一通り試しつつベイトを探して移動した。一回だけ下流に流れたルアーを引く時にあたりがあったが、すぐにバレた。ゴミが引っかかっただけかもしれない。
一つだけ持ってきていたバイブレーションを投げようとした時、ガイドで引っかかってリーダーが切れ、ルアーだけ飛んでいってしまった。やっちまった。そのルアーは三年前にシーバスを釣った時に使ったのと同じ型だった。
リーダーを結び直して釣りを続けようか迷ったが、ベイトの気配が感じられなかったので納竿した。ついでに葛西橋下のポイントを見学してから帰ることにした。
葛西橋は橋の明かりが清砂大橋よりも低い位置にあり、水面が明るく照らされていた。橋桁の下流側には流れにヨレがあり、橋はくっきりとした明暗部を作っていた。ベイトの気配もあった。なるほど、そりゃ、ここだったらシーバスが居つくでしょうよと思った。橋の上流側にアングラーがいて、キャスティングするビュッ!という音が聞こえた。

アコレで買い物をして9時半実家に帰宅。釣行時間を1時間くらいにすると案外気軽に釣りに行けるものだなと思った。しかし、釣れん。

Youtubeでスーサンのトゥイッチ動画を見た。軽々と釣っているように見えた。こういうのを見ると俄然やる気になんだが、実際に釣り場へ行くと、見るとやるのとでは大違いという現実に直面する。

キャベツの残り半分をベーコンと一緒にフライパンで蒸し焼きにした。

11時半就寝。

タイトルとURLをコピーしました