肉屋のコロッケ

4時起き。夕べ腹がパンパンになるほど食べたのに目覚めが良かった。

水耕栽培の水補給をした。バケツ4杯ほど補給すると、自動給水弁が作動したのか、タンクの水位が減らなくなった。これが作動してくれると、容器47リットルの他に、タンク20リットルが予備分として補充できることになるので、真夏のお出かけが楽になる。

トマトの蔓を誘引した。昨年考えた誘引方法がうまくいっているのか、こんもりとした森みたいになってきたのに、洗濯ものを干すスペースは確保できていた。

洗濯をし、洗濯ものを干した。

7時半過ぎに家を出る。

午前中、ヒマ。ヒマなので、AKIRAセーターの型紙のことなどを考える。前回作ったゴミ箱セーターは、身頃に対して袖が垂直についてしまったのが失敗だった。方眼の目がぴったり合うように考えてしまったがゆえの失敗。今回はそれを直したい。

昼、『パンソロ』というパン屋で、コッペ的パンを買おうとしたが、ロールパンしかなかった。それだけ買えば良かったのだが、人の良さそうな店主の視線を背中に感じたので、カレーパンも買ってしまった。店名はどういう意味だろうと考えた。夜になるとお酒を出す店になるとすれば、店名は『酎バッカ』になるのだろうか。

『やきにくハウスおおはし』でコロッケを買った。ソースの小袋がついてきた。

遊歩道の木陰で、ロールパンとコロッケを食べた。パンに挟むのは無理だったが、『肉屋のコロッケ』をパンと一緒に食べると実に旨かった。

午後、ヒマ。無理にやることを探すのをやめ、ボーッとしていた。

夕方、電車内で『なぜ世界は存在しないのか』読了。世界という言葉の定義からして、一般人が思い描くものとは違う。というより、世界の定義から始まり、存在し得ないことを証明してから、それを前提に話が進む。哲学の本だから、SF的な展開を想像してはいけないが、タイトルに騙される人はいただろうかと想像してしまった。

6時半帰宅。

金曜に買ったシューズを履き、走りに行く。20キロ走る気でいたが、体が重かったので10キロに変更し、5キロ走った時点でもっと行けると思い直し、結局、後半まあまあのペースで13キロ走った。コースは荒玉水道から環八。

入浴し、夕食にフルーツグラノーラとミルク。一昨日と昨日炭水化物を取り過ぎたので軽めにした。

AKIRAセーターの袖を編み始める。型紙を以前のものから修正するところからはじめたが、寸法は修正済みだったのかわからなかったので、微妙に修正した。

11時半就寝。

タイトルとURLをコピーしました