良くも悪くもなり得る

9時から仕事。
午前中はメンテナンス。

昼、カップ麺とサラダ食べる。

フロア引っ越しがあるとかで、夕方からはパソコンや色々なものを梱包した。
今使用しているパソコンとは別に、もう一台支給されていた。
引き取らずにおいたら、オレのPCは同僚が個人ロッカーに入れていた。なぜ?

上司に新しいPCのことを聞く。
「いつか使うので保管しておいてくれ」
とのこと。
性能がアップするなら、すぐにでもデータ移行したいが、どうなのだろう。

梱包を済ませ、残りの時間は離れたフロアに行き、今度同じフロアになる人達と仕事の話をする。

6時15分、方南町へ。
抜き稽古をした後、前編と中編の通しをする。

抜きの時、久しぶりにやる場面がうまくいかなかった。
しっかり固まっている場面はないのだということだ。

抜きの後にやった通しでは、同じ場面が良くなっていた。
良くも悪くもなり得るという状態なのだ。
その振幅の差を縮めるのが稽古ということか。

流れが途切れる箇所がある。
とげ抜きをしないといけない。

休憩中、外に出て深呼吸。

残りの時間、ラスト前の場面を稽古する。
時間ぎりぎり。

稽古後、昨日とは別のルートで帰ろうとするが、堀ノ内で少し迷った。

帰宅し、高円寺の天下一品へ。
昨日は無料券が配られる日だったらしい。
こってりスープにライスを投入し、おじやみたいにして食べる。
ふと思ったが、スープとライスのみという販売はしないのだろうか?
麺ではなく、ライスを投入したものだけを食べたい時の方が多いのだが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました